椅子上生活

主に椅子の上にいます

映画「バクマン。」見てきました

漫画版「バクマン」は連載中にサラッと読んだだけで、コミックスで読み返したりは無いけどアニメ1期は見てた程度の原作を知ってる人です。(浅いファンです)
小畑ファンではあります。「ランプ」大好きです。


実写「バクマン。」が結構いいという話をよく聞いていたので、貴重な一人時間にちょっと行ってきました。
bakuman-movie.com



おもしろかった!よかったー。
ただ、見に行った頃にはもう小さめのスクリーンでの上映で、劇中の文字とかあんまり読めなかった…。劇中の漫画のセリフの文字やコミックス背表紙など読ませたいという演出が見て取れたんですが、目が悪い方なのであまり読みとれず…。公開直後とかもっと早めに見ればよかったです。これから見に行く人は多少見上げる位置でも近くで見た方がいい!BD・DVD化されたらコマ送りで見たい作品。


劇中の原稿やスケッチは小畑さんの書き下ろしと聞いていたのでそれも楽しみだったんだけど、いやあ、もう、すごい量出てきた!
ペン入れ風景が小畑さんの手元での吹き替えだったならば2、3回は見に行ったと思う。間違いない。
(ちなみに漫勉と違って、見ても特に絵は描きたくならなかったです)


パンフ買おうと思ってたんですがちょうど品切れということで買えず。がっかり。
劇中の小畑さんの原稿なんかはこちら↓にまとまってるようです。買おうかな…。



以下ネタバレあり感想。




  • 佐藤健のキョド演技が上手wすごい上手い。ホントにオタクなんじゃないかってくらいにw ちょっと弱弱しいところの演技は電王を思い出した。
  • 亜豆の、学校辞めるまでに才能を見込まれたという声優演技が拙すぎたのが残念。まあ、デビュー作だしワンシーンだから許すw 声優って、普通に演技してても気にならないのに、声だけの演技になった途端になんか「あ、これ声用の演技じゃないな」って分かっちゃうんですよね。難しいよねえ。
  • 皆川猿時さんの中井さんすごくいい。ペン入れの時裸になっちゃうのとか、実家が青森じゃなくて秩父ってのもいいwキャベツ炒めもいいw
  • 福田さんが蹴られて写真撮ってテンション上がりまくって描いてるとことかも最高w超いいw
  • 平丸さんの編集さんよかったw 何言ってたのか気になるぅーw
  • エイジはもっと変人でよかったなあー。原作はあの髪型だから清潔感がありつつオタクではなくて天才の変人だったんだけど、映画のはちょっと、うーん、オタっぽいw 漫画しか描いてない感じw(いや、原作もそうなんだけども) 羽が生えてても「エイジだし」で済んでたんだけど、オタクの羽コスっぽい…。(筆記具の羽箒じゃないからか?) まあ、映画的には憎むべきライバルとして描かれてたから気持ち悪さを前面に出す感じでしょうがないのかな。
  • クドカンの川口たろう、汚らしくてとても良いw
  • 時間の経過のさせ方がとっても上手な作品。漫画描いてるシーンとか地味になりがちだけど、退屈させない。リズミカルに流れて行く原稿、徐々に完成して色付いていく。そして同じ演出は二度は出てこない。毎回新鮮。ペンの殺陣もよかった。
  • 病室の亜豆とのシーンはあえて漫画とセリフをリンクさせてサイコーを引き上げたと解釈。 先に行ってるから(追いついてね)と取った。あれ?「ずっと」じゃないんだ、ってなったけど、まー映画では描かれなかったけどこの先くっつくんだろ、と思った。*1
  • 二人があえて邪道を選ぶ説得力と、「金知恵」のストーリーの魅力がもうちょい伝わってこなかった。原作では邪道を選ぶ根拠が明確に説明されていたんだけど、映画は王道がダメなら邪道だ!みたいなザックリとした感じ、もったいないなー。 原作バクマンのいいところは「すっげえ、読んでみたい!」と思わせる劇中漫画の存在が大きいと思うので「金知恵」は映画に登場した原稿も含めてどんな漫画か本当にイマイチ伝わってこなかったのが残念。 ただしそこ吹っ飛ばしてもエイジとのバトルとしてストーリーが成立してたのは見事。
  • 細かいツッコミになるけど、漫画描いてる人としては原稿を汚さないよう細心の注意を払うので、手があんなに汚れてるというのはありえない。せいぜい手の小指側の手ひらのふっくらしたとこが鉛筆で真っ黒でテカテカって感じ。 どっちかっていうとインクよりトーンのカスがよく付いてるw 靴下とか髪とかに。
  • クレジットがすごいと聞いてたので期待しながら見ていたんだけど、漫画原稿用紙への手書きの役者名+コマ割り動画で、「これはおもしろい、けどベイマックスと同じ手法のような…」と思っていたら突如本棚が登場。 「ランプ・ランプ」のコミックスがパロで出てきて「おっ!」って思ったら「照明」のクレジットだった!そして幽白コミックスパロの「監☆督☆助手」。まーまー、どんどん出てくるコミックスクレジット画面から目が離せない!すごかった。ジャンプ漫画好きな人と一緒に見に行って、見終わってから「あのクレジットはあの漫画」とかワイワイ話したい感じ!くぅー、一人で見て損した!




ソフト化されたらきっと見返すだろうなあ、と思った良作でした。



映画見終わったら、こちらの記事が超オススメです!
ナタリーのバクマン特集はとにかく色んな情報が詰まってるので映画見て楽しかった人は読んでみたらいいです!
これ読んだらもう一回見たくなりますよー
natalie.mu



バクマン。Blu-ray 豪華版

バクマン。Blu-ray 豪華版

魔神冒険譚ランプ・ランプ 1 (ジャンプコミックス)

魔神冒険譚ランプ・ランプ 1 (ジャンプコミックス)



▼関連記事▼
gdno.hatenablog.com

*1:…んだけど、制作側としてはやっぱりあれは最高が振られたことになってるらしい→映画「バクマン。」特集 新井浩文、ジャンプ編集部へ (1/5) - 映画ナタリー Power Pushの3ページ目で語られている。でも別に原作信者ってほどでもないので、そこは別にいいんじゃないかなーという…。下手に恋愛方面メインに持って行かれるより「友情・努力・勝利!」の方がよかったと思うし。