読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椅子上生活

主に椅子の上にいます

お嬢さんを僕にくっ…(ドラマ版「逃げるは恥だが役に立つ」1話感想?)

星野源 雑記

 逃げるは恥だが役に立つ1話見ました。
www.tbs.co.jp


 おもしろかった!「お嬢さんを僕にください」が練習ですら言えないヘタレ津崎さん。

 1話はあっという間でした!面白くなってきたってところで終わり。もっと続きが見たーい、ってとこでエンディングの恋ダンスとかずるいよー!かわいいよー!


原作者の言葉。それな!!


 …さて、わたしは純粋な感想は書くのが苦手でして、調べたこととか作品の背景とか舞台裏を語るのが好きです。

という訳で今日は脚本について…。




 原作は全部読んでおります。
実は原作好きな方には申し訳ないんだけど、漫画では納得いかない描写とか作画面とか色々あって手放しで面白いとは言えない作品だなという思いがあったんです。色々考えさせられるとこはあるけど。でも、漫画でサラッと進んだ展開がドラマではしっかりとなぜそうストーリーが進んだか、どうしてそう思ったのか、なんかを丁寧に描かれていて非常に良かったです。説明的ではあるんだけど見やすい。
具体的に言うと網戸に気付いたとことか両親のぶっ飛び展開とか、「ならいっそ結婚」とか言うに至った心情とか。

漫画と違ってドラマでは時間軸があまり進まないっぽい雰囲気があるけど、ちょいちょいそのせいで消えてしまいそうな小ネタエピソードも盛り込んでくれたりして、小ネタですら丁寧。(百合ちゃんのモロッコ話とか)

今後も期待せざるを得ないです、ハァハァ。


 なんでこんなに絶賛しているかというと、わたしは脚本の野木亜紀子さんが大好きでですね。
昨年の秋ドラマ「掟上今日子」でハマったんですが、原作を尊重しつつ掘り下げてより良いものにしていく人なんです、野木さんは。
最近でいうと「重版出来!」「俺物語!!」「図書館戦争」「アイアムアヒーロー」の脚本やってます。全部原作付き。


 野木さんとガッキーの組み合わせはこれで3回目で、最初はTBS「空飛ぶ広報室」。
ガッキーもかわいいんですけど綾野剛がわんこみたいなかわいさでびっくりしました…。見たこと無い人は一度見て欲しいなあ。お仕事ドラマとしてもかなりいい出来。Amazonプライムで見れました。今も見れるかな?どうかな?もうすぐ消えるって噂を聞いて急いで全話見ました。

 2回目は、さっきも出てきた日テレ「掟上今日子の備忘録」。
このドラマはガッキーは白髪ボブでメガネで露出低めです。白髪ボブって!!でもこれがね、すっごいかわいく見えてくるんですよ。あと岡田将生がかわいい(またか)。ミッチーも出てます。
原作は西尾維新の1話完結ミステリーなんだけど、まだ完結してない作品のドラマ版最終回としてすごくいい展開を描いてくれたので、もう、野木様にはひれ伏すしかないです。

 そして3回目は今回の「逃げ恥」。
これは、今回もガッキーの相手役かわいいフラグなのでは…!(もうすでに星野源かわいいと思ってるけど盲目ではない…よね?w)


 野木亜紀子さんのことを評した言葉で一番気に入っているのが「最高の二次創作」というもの。
原作好きへのご褒美かな?ってことですよ。原作を掘り下げるタイプの萌えまくる同人があったとして、それが公式としてドラマになって出てくるわけですよ!
たぶんわたしは今回も原作よりドラマ版の方が好きになると思います。超期待してます。


1話は来週の放送開始前までTVerのサイトで見れます。
tver.jp


 そして野木さんの脚本の場合、たいてい1話程度飛ばして見ても話について行けます。とにかく丁寧に話を進めていくので全然話が分からん、とはならないはず。おそらく毎回冒頭で契約結婚の説明が入るだろうと思います。
だからもし、いきなり途中から見て大丈夫かな?と思ってる人がいたら、気にせず見て欲しいです!ガッキーかわいいよ、源ちゃんかわいいよ。

原作を読み始めるなら、今しかない!

あと今のタイミングしかできないことも書いておきます。


10/13に漫画原作の「逃げ恥」8巻が発売になりました。

これがまたモヤモヤで終わるんですが、なんとその続きは今発売中のKISS 11号で読めます。10/25には次号のKISSが出てしまうのでそれまでに読んでください!
(KISSはいつもコミックスが出るタイミングがすごく早いのでタイムラグなしで雑誌に追いつくことができます)

そしてそのまま雑誌のストーリーを追っていくと、ドラマの最終回と同じ頃に漫画の方も終わるそうです。コミックスでいうと全9巻になるということですね。


 ドラマもモヤモヤムズムズするだろうけど、原作読んでモヤモヤ共有しようぜ!と言いたかったのです。
ということで皆様よろしくお願いいたします。


▼関連記事▼
gdno.hatenablog.com


gdno.hatenablog.com